東京~大阪 昼行移動手段のメリット、デメリットを整理してみた!!

「非効率な旅でも…」へようこそ。Kトラです。
今回は、東京と大阪の移動手段の整理をしていきたいと思います。
ちなみに、今回の条件は、「公共交通機関であること」「昼行移動であること」の二つで、その中から主に思いつく主要4手段で考えました。
それでは早速!

新幹線

まずは、新幹線です。東京~大阪だと大半の人が新幹線を選択しますよね…

メリット

  • とにかく速い
  • 快適
  • 手間が少ない
  • 比較的好きな時間に出発できる

デメリット

  • 意外と高い

 

さすが新幹線ですね。メリットに対してデメリットが少ない!
意外と高いというのがわからない方は、ここから下でわかるかもしれませんね

飛行機

速度としては最も速いですが、乗るまでや空港までの移動に時間がかかるのが難点です。

メリット

  • 速い
  • 快適

デメリット

  • 少し面倒くさい
  • 結局時間がかかる

飛行機は新幹線と比較したときに選択肢に上がりそうですね。
成田発のLCCは成田までの交通費を計算に入れることをお勧めします。

在来線

ここから下は安さ重視です

メリット

  • 安い
  • いつでも出発できる

デメリット

  • 時間がかかる
  • 快適でない

東海道本線をひたすら乗り継ぐルートで8750円となかなか安いです
期間限定にはなりますが、青春18きっぷを使えば実質2000円強で行けるという、繫忙期最安手段です。

バス

最後に意外と知られていない昼行バスです。

メリット

  • 安い
  • 安いわりに快適

デメリット

  • 時間がかかる
  • 飽きる

バスは通常期おそらく最安です。
休憩はありますが、9時間乗りっぱなしなのでおそらく飽きます。

まとめ

オールシーズンやすいのはバスですね。
青春18きっぷでもグリーン車やライナーの併用を考えている方はバスのほうが便利で安そうです。

快適さをとるならやはり新幹線が強いですね。乗り逃しても次が来るという安心感があります。

閲覧ありがとうございました! 当ブログは不定期更新です。ツイッターのフォローをしていただければ幸いです!

コメント