キヤノンセミハードケース EH27-L使用感レビュー

アクセサリー、カメラ用品

こんにちは!
「非効率な旅でも…」へようこそ。Kトラです。
今回は、キヤノンの純正セミハードケースEH27-Lについて紹介します!

使用目的

今回私がこの商品を購入した理由は、持ち歩きをしやすくするためです。
一眼レフはどうしても、精密機器なのでそのままカバンに入れることができません。
しかし、カメラバックは重たいので持っていきたくないときなんかに有用だと思いました。
実際、カメラを気軽に持ち歩くようになりました(^^)
インナーケースを買うという選択肢もあったのですが、レンズを取り外してしまいたくないのと、総合的な大きさを考えて、こちらにしました。

外見

 

 

 

 

 

 

 

 外見はこんな感じです。大きさは純正なだけあってピッタリでした。
ちなみに中にはEOS Kiss X5と18-55mmのキットレンズが入っています。
この写真を撮影した、EOS 7D mark2では蓋の部分が閉まりきりませんでした。

 

使ってみて

このケースはやはり、とてもピッタリに作られているところが売りでしょう。
類似品を探すと、サードパーティー製のものが半分以下の値段で売られています。
この商品は4000円ほどなので、その2000円ほどに純正の価値を見出せるのであれば買いでしょう。
私は、この商品の使い道を元々、主目的が撮影ではない外出時に使うと想定していたのでEOS kissとキットレンズで良いのですが、機材の買い増しを考えている方はピッタリすぎるあまり要注意です。ちなみに、ホームページの対応カメラの欄では、EOS Kissと9000Dまででした。
カメラに適した各サイズのものが発売されているので、ご自身のカメラと要相談で。
一番大切にしたい衝撃を守れるかについては、ある程度守れると思います。しかし、「ハードケース」ではなく「セミハードケース」なので、がっちりとはしてないです。
結論、使ってみて、私の場合は買ってよかったと思います。

閲覧ありがとうございました!Twitter、Instagramのフォローお待ちしています!

コメント