初めての競馬場で撮影してきた!

写真、カメラ

「非効率な旅でも…」へようこそ。Kトラです。今回は、

競馬場でのはじめての撮影

についておとどけします!(半分撮影記)

必要なレンズなども紹介しようと思います。
今回は、東京競馬場に行ってまいりました!
ちなみに、私は今回が初めての競馬場ですので、競馬のことはさっぱりなのでご了承を…

私がいた時間帯には、ダートと芝の二つでレースが行われていました。
まずはダートから…

ダートは結構望遠しないと厳しい印象でした。
上の写真も結構トリミングをしました。
ちなみにトリミング前でAPS-C換算271㎜(フルサイズでは433.6㎜)の写真がこちら↓

ダートを狙っている人はやはり150-600などの超望遠ズームを持っている人が多かった印象です。手前の柵(?)は結構気になりますが、角度と望遠次第ではかわせるかもといった印象でした。

続いては本命の芝です。
これはそれほど遠くないので、シーンにこだわらないのであれば標準望遠ズームレンズで余裕でした。
まずは、Instagramに先駆けてあげた一枚

冬の低めの光線にむかっていくのが絶妙にかっこいいなーと

ゴール前の白熱しているところです。(たぶん)
この写真は300㎜(APS-C)とそこそこ望遠していましたね。
場所によってはもう少し広角側でも大丈夫かもといった印象でした。

今回競馬場で撮影した印象としては、かなりもったいない写真が多かったというところです。
なにがもったいないかというと

足の形

です。画としては良いのに足が変な方向向いてたり、かっこよくなかったりすることがかなりありました。そのため、望遠レンズも必要ですがそれ以上に連射速度が大切だと思いました。
たぶん、3コマ毎秒とかだと相当厳しかったと思います。

まとめです。
意外とカメラを持っている人も多く、初めてでも撮影しやすい雰囲気でした。
今回、競馬場で撮影してきて必要だと感じたものは

  • ある程度の望遠レンズ
  • 連射速度の速いカメラ

です。あとは入場料くらいですが、気を付けるべき点として、中の店のものだ高いことw
大手のチェーン店があり、おいしそうなのでついつい買ってしまいましたが、外の店のものと比べて、少し割高でしたので、お気をつけを。

閲覧ありがとうございました!Twitter、Instagramのフォローお待ちしています!

コメント