青春18きっぷ使用中の運転見合わせ対応策!

「非効率な旅でも…」へようこそ。Kトラです。今回は、

青春18きっぷ使用中の運転見合わせ対応策

を三つほどご紹介しようと思います。
なお、今回は悪天候などではなく、人身事故などの待てばなおる運転見合わせを前提としております。悪天候は避ける手段がありません。

方法1 新幹線を使う

新幹線で先回りして事前に組んでいた予定の電車等に乗る方法です。
目的地に着く時間に制限がある場合などに有効です。
正直お金をケチって青春18きっぷを使ってるにもかかわらず、結構なお金がかかりますけどね。

新幹線を使う場合はまず、遅延が分かった段階で駅構内にある窓口の切符売り場に行きます。
券売機でも買えないことはないのですが、青春18きっぷから新幹線に乗り継ぐ場合、乗車券も一緒に買わないといけないことや、遅延関係でごった返している可能性のある有人改札を通るのを考えると多分直接窓口に行った方が早い気がします。

窓口に行く前、または並んでいるときに次の新幹線に乗ったらどこで予定の電車に追いつけるかを時刻表などで調べておいて、そこまでの乗車券と自由席なり指定席なりの新幹線特急券を買いましょう。

ちなみに、私も青春18きっぷ使用中に人身事故による遅延にあい、窓口で新幹線の切符を買ったのですが、お盆の始まりの日の東海道線だったので18きっぱーが相当多かったです。
そのため、窓口は大行列になってました。

つづいて、二つ目の方法です。

方法2 並行私鉄を使う

並行している私鉄を使う方法です。
例としては、名鉄や近鉄などを使う方法です。
多くの場合、先回りとまではいきませんが、新幹線よりも安価に見合わせを回避できます。

ただし、新幹線と違って、ほぼ完全に並行しているわけではないので、在来線に再び戻ってくることは少ないと考えたほうがいいでしょう。

まとめ

青春18きっぷ使用中の人身事故などによる運転見合わせ対応策をご紹介しました!
ただ、これが使えるのは、あくまで新幹線や並行私鉄のある主要駅で止ってしまった場合のみです。乗り換えができる路線がなく、完全に逃げ道を封じられてしまうことも全然考えられます。青春18きっぷを使う上で大切なことは

 時間に余裕を持つこと

とも思います。ですが、次の予定があったりして急ぐことも時にはあるはず。
そんな時にお役に立てれば幸いです。

閲覧ありがとうございました!Twitter、Instagramのフォローお待ちしています!

コメント